あいさつ

はじめまして、こんにちは。

整体院SUN 院長の田村 淳(たむら じゅん)です。

私は柔道整復師の資格を取得後、今まで整骨院やデイサービスで研修してきました。

 

色々見ていく中で

「もっとお客様と時間をかけて向き合って笑顔になるお手伝いをしたい!」

と想い、整体院SUNを開院しました。

 

整体院SUNの”SUN”は”太陽”という意味です。

「一人一人がしっかりと心も体も健康になっていただき、太陽のように明るくて暖かい笑顔で日常生活を送ってほしい」

このような想いが整体院SUNには込められています。

 

一日でも早く、お客様がそうなれるようにしっかりとお客様一人一人と向き合わせていただきます。

 

私がなぜこの道に進んだのかをお話させてください

私は小学校の時からスポーツをしていました。

水泳、柔道、卓球この三種目を主にしていて

今でも卓球は暇があれば大会に出たり、練習に参加したりしています。

 

プレーしているとケガはつきものです。

 

足首を捻挫したり、膝が痛かったり、雑巾が絞れないくらい手首が痛かったり、座っているのがつらいほど腰が痛くなったり…

 

そんなケガを繰り返す中で

「ケガを治す仕事をしたい!」

と思い整骨院の先生になれる柔道整復師を志しました。

 

そして大学に進学し体のことを学び

無事柔道整復師の資格を取得後、色々なセミナーに参加しながら整骨院やデイサービスで研修をしてきました。

 

働く中で

「局所的な施術をするよりも、体全体をしっかりと診て施術した方が早く改善するんじゃないか?」

と思うようになりました。

 

そして学んでいくと

痛みやコリの出ている場所とは一見関係のない所から体を整えていくと

体が改善するのが早いということを知りました。

 

これが私が柔道整復師なのに接骨院を開業せずに

整体院という保険を使わずに施術をする道を選んだ理由にもなります。

 

保険を使うことによって

痛みの出ているところにしか施術できなくなってしまいます。

 

そうすると

本当に必要な場所に必要な施術を行うことができなくなってしまいます。

 

私はしっかりとお客様と向き合い

笑顔で生活を送っていただくために

必要なことがあれば痛みの出ているところ以外にも施術を行い最善を尽くしたい。

 

そのような考えが元となり今でも施術をしています。

 

なぜ体全身にフォーカスするのか

それは、局所的な痛みだとしても、日頃の体の使い方や姿勢が関係しているからです。

痛みには原因のあるものや原因のはっきりしないものがあります。

例えば、スポーツをして足をひねったというものは明らかな原因があるので、局所の炎症を引かせる施術を行うことが大切です。

しかし、原因のあるものでも炎症が引いたのにも関わらず痛みを引きずっていたり、原因のはっきりしない痛みがあったりというのは体の使いグセや姿勢が関係していることがほとんどです

体を使う癖があり同じところに負荷がかかってしまったために痛めたり、姿勢が悪くて体が悲鳴をあげたりしてしまします。

なので、局所の痛みでも全身にフォーカスして施術を行うことは大切なんです。

 

こんなにしっかり…

当院にいらっしゃるお客様によく言われることがあります。

「こんなにしっかり検査を受けたことがない!」

ということです。

 

当院では局所的な検査ももちろん行いますが、人工知能(エキスパートAI)を用いた検査も行います。

その検査から導き出された、隠れた問題にまでアプローチを行うので、症状が改善傾向に向かいやすくなります。

隠れた問題をそのまま放っておくと、改善するものまで改善しにくくなってしまいます。

自分のカラダに恋をする

体のお悩みが改善して、心も軽くなって笑顔になれたとき

きっとあなたは

”自分のカラダに恋をする”

そんな前向きな気持ちになって生活を送れるはずです。

 

整体院SUNは太陽のように明るく暖かい笑顔になれるお手伝いをさせていただきます。

access

LINE

お悩みの症状のご相談や予約の空き状況など
気軽にご連絡ください。

SUNアプリ

アプリ限定のポイントやクーポンなど
お得な情報があります。

Facebook Pagelike Widget